レビトラのジェネリック医薬品サビトラの安全性

サビトラ(Savitra)は、本拠を持つサバメディカ社によって作られているED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。服用すれば勃起するという薬ではなく、性的刺激を受け性的興奮した後、勃起を補助してくれる薬です。有効成分として「バルデナフィル(Vardenafil)」を含有しています。レビトラと効果や安全性は一緒で、非常に安価で購入出来るので人気の治療薬です。本ページはサビトラの副作用について紹介します。

サビトラの副作用について、血管を広げる作用があり、広がることで血流が増えて血圧は低下します。これらの作用によって、顔がほてったり、目が充血したり、頭痛や鼻詰まり、そして動悸などを感じる人もいます。これらの副作用を感じた場合には、サビトラが効果を出し始めたとの合図だと思っていただければ良いと思います。その他には、鼻づまり・視覚異常・興奮・不眠・下痢などの症状があります。サビトラ服用する事で、血管を広げる作用があり狭心症や心臓病の薬と併用した場合は、血圧低下の恐れがありますので、ご注意下さい。

レビトラでも同じような副作用を感じますが、サビトラの副作用の方が軽いと感じる人もいるようです。また頭痛がひどいと思うときには、市販の頭痛薬を服用するのも良いでしょう。

重篤な副作用としては、急激で大幅な血圧の低下がみられれます。通常の使用量で問題が出ることは稀なのですが、短時間内で服用する、過剰な量を服用するなどによって引き起こされることが大半です。急激で大幅な血圧低下は生命の危機に繋がりますので、服用の用法用量は守りましょう。