サビトラの効果効能について

ジェネリック医薬品サビトラの効果効能

ジェネリック医薬品サビトラの効果効能

レビトラのジェネリック医薬品サビトラ

サビトラ(Savitra)は、インドの製薬会社で作られているED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。服用すれば勃起するという薬ではなく、性的刺激を受け性的興奮した後、勃起を補助してくれる薬です。有効成分として「バルデナフィル(Vardenafil)」を含有しています。レビトラと成分や効果が同じなのに低価格なので大変人気があります。サビトラはED治療薬の中でも体内に吸収しやすい性質があり効果が表れるまでの時間が短く食事の影響を受けない特徴があります。

レビトラや、そのジェネリクであるサビトラと、バイアグラとの最大の違いは、勃起に至るまでの所要時間と、効果の継続時間です。レビトラやサビトラ(SAVITRA)は飲んでから1時間後には効果を発揮します。但し、バイアグラ程ではないものの、多少の食事の影響を受けやすいという特徴がありますので、服用前の食事は軽めに摂るようにするのがポイントです。サビトラの最大のメリットは、やはりその価格です。オリジナルのレビトラが1錠あたりの平均価格が2,500円前後なのに比べ、サビトラは1錠1,000円以下で入手できます。

サビトラの効果効能

サビトラの成分であるバルデナフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤に分類されます。PDE5とは陰茎内で勃起を邪魔する働きを持つ酵素ですがバルデナフィルを服用することでこの酵素の働きをさ害し、陰茎海綿体へ流れ込む血流量も増加します。この作用機序により勃起が促されます。またサビトラによるED改善効果は、主成分を同じくするレビトラ同様に、性欲を掻き立てる催淫効果はなく、性的刺激があった時に身体的に勃起させる勃起機能改善&補助効果です。

サビトラはバイアグラよりも効果の出る時間が早く、長期間の服用でも安定した効果を発揮すると言われています。勃起力の強化、勃起時間の延長、男性器の硬度を高めるなどの効果も期待できる薬です。服用する事で、ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)というEDの原因となる酵素を阻害し、ペニスに血液流入を増加させ勃起を維持する効果があります。性的刺激を受ける事で、強力な勃起力と長時間の持続効果が望めます。

サビトラの服用方法と副作用

サビトラの有効成分バルデナフィルは水に溶けやすく、胃の中での吸収時間も早いのが特徴です。そのためバイアグラやシアリスに比べて、血中濃度が最高値になるまでの時間が短いので、服用後に効果が出るまでに必要な時間も短いのです。服用後20分ほどで効果が出始めて、最高血中濃度に達するのは1時間以内です。このことから性行為の40〜50分前に服用するのが最も効果的であることが分かります。

サビトラの副作用について、顔のほてり・血管の拡張作用による頭痛・動悸・血圧低下によるめまい・消化不良が報告されています。その他には、鼻づまり・視覚異常・興奮・不眠・下痢などの症状があります。サビトラ服用する事で、血管を広げる作用があり狭心症や心臓病の薬と併用した場合は、血圧低下の恐れがありますので、ご注意下さい。